道内の最大都市「札幌」を中心とした札幌支部は、当然のことながら早期に設立されております。
一時期は支部会員の集まりも多数の先輩、後輩諸氏が集っておりました。
幸い、学校設立当時の先生も大いに御健在で居られましたので、学生時代の思い出話に昂じる時間も沢山あったように思います。
しかし、5年、10年と月日が流れますと諸兄の事情もありまして、多忙で出席できない、勤務地が遠方になってしまう、この世をさられた友の顔を見られない等々で足が遠のいてしまうことも多くなっているようです。
昨今は、世代交代の時期を迎えているようで一桁期の同窓生から、二桁期の同窓生に活動の主体がバトンタッチされた感があります。
以前は4期生の「酒峰会」を主体にしておりましたが、ここ2,3年からは10期生の「朱鷺の会」を主体とした活動に変化しております。
数年後には、定年を迎えた先輩諸氏が中心となり、趣の異なった同窓会活動が始まるのではないでしょうか。
このような変遷を得て旭川高専同窓会の歴史が刻まれていくのだろうと思います。
2001.8 土井記

支部役員 2021年度
12E 餌取 豊(支部長) 01M 村上 孝志   03M 土井 正敏
15C 鈴木 和之     17E 杉本 祐二   12E 宇佐見 雅行