支部の紹介

道内の最大都市「札幌」を中心とした札幌支部は、当然のことながら早期に設立されております。
一時期は支部会員の集まりも多数の先輩、後輩諸氏が集っておりました。
幸い、学校設立当時の先生も大いに御健在で居られましたので、学生時代の思い出話に昂じる時間も沢山あったように思います。
しかし、5年、10年と月日が流れますと諸兄の事情もありまして、多忙で出席できない、勤務地が遠方になってしまう、この世をさられた友の顔を見られない等々で足が遠のいてしまうことも多くなっているようです。
昨今は、世代交代の時期を迎えているようで一桁期の同窓生から、二桁期の同窓生に活動の主体がバトンタッチされた感があります。
以前は4期生の「酒峰会」を主体にしておりましたが、ここ2,3年からは10期生の「朱鷺の会」を主体とした活動に変化しております。
数年後には、定年を迎えた先輩諸氏が中心となり、趣の異なった同窓会活動が始まるのではないでしょうか。
このような変遷を得て旭川高専同窓会の歴史が刻まれていくのだろうと思います。
2001.8 土井記

支部役員 2005年度
07M 倉内 栄一支部長 01E 永原 隆夫    01E 笠井 敬治    01M 村上 孝志
02M 佐藤 和夫     03M 土井 正敏    04E 安藤 俊夫    10M 大橋 恵治
道新に掲載された高専関係者の活躍情報  2006.04.06
2006.4.6掲載分
<人>石井晃博さん(18)=旭川市*工業英検四級トップ合格で張り切る

旭川高専*テクノセンター設置*産学官連携*地域経済活性化へ

心の砂漠化 短歌が救う*文芸評論家 菱川さん旭川で講演

<十勝人>小林晋也さん*縦書きブログを開発した会社社長*脱サラしてUターン 東京の会社を相手に
2005.10.22掲載分
旭川高専が商議所入会*道内初

国内唯一の鋳鉄スピーカー製造 16M臼井さん

樽前CCに女子オープンの開催をもくろむ3M溝口さん
2005.7.8掲載分
昭和基地から古崎助教授が衛星中継で授業

本間名誉教授が高野連旭川支部の記録集「白球の軌跡」を完成させ、出場二十四校に寄贈

旭専が地場企業に開発協力した建設工具「コーキングガン」

1M中津川さんの音更町十勝川温泉でのパフォーマンス