本部HPの機密保護機能について
  • 本部HPが利用しているサーバ・サービスではSSLが使用できます。
  • SSLとは(Secure Socket Layer)     
    Webブラウザ(PC側)とWebサーバ間で安全な通信を行なうために
    Netscape Communicationsが開発したセキュリティ機能です。
        
    (1)認証局の署名の入った証明書を使ったサーバの認証機能
    (2)WebブラウザとWebサーバ間での通信内容の暗号化機能  があります。
  • 本部HPは下記のような使い分けでSSLを使用する方針です。
    一般にSSLを使用すると負荷が高くなると言われていますので部分適用とします
    一般公開の対象ページ:URLの先頭を[http://www.]と記述しSSLの対象外とする
    個人情報を扱うページ:URLの先頭を[https://ssl.]と記述しSSLを使用する
名簿管理情報の取り扱いにについて
  • ホームページでは名簿情報を管理し、会員が参照出来るようにしています。
    会員毎に個別ID、PWを発行し、会員のみが参照できるようにしています。
    会員の情報は、住所・電話等の項目ごとに本人の指定範囲で公開しています。
    本人が非表示の指定をしている項目については参照することが出来ません。
    また、表示、非表示の意思表示を本人が行っていない場合も参照出来ません。
    その他詳細は、MembersRoomの説明ページをご覧下さい。
一般書き込み可能ページの保護について
  • 一般書き込み可能ページに迷惑な書き込みが行われていました。
    迷惑書き込み防止対策として書き込みを同窓会員に限定しました。
    このため、書き込みには認証情報の入力が必要になっています。
<HP管理委員長>2008/2/3改